自衛艦入港公開

 海上自衛隊大湊基地所属の護衛艦ちくま(2000㌧)が15日夕方、末広埠頭東岸壁に寄港し、16、17の両日、一般公開された。
 稚内港への自衛艦入港は昨年10月4日以来でちくまは平成9年の初入港以来65回目。前回は平成23年3月1日に入港しており4年ぶりとなる。
 一般公開には多くの家族連れが訪れ、公開された艦橋や甲板の一部をみては隊員から速射砲などの装備について説明を聞き、とりわけ子供たちは興味津々の様子だった。