稚内魅力

 13日午後、稚高商業科3年生を対象に地域学習が開かれ、講師の稚内市民観光ボランティガイドの中澤和一会長(67)が稚内の魅力や努力することの大切さを伝えた。
 地域に貢献する人材育成にと、昨年から外部講師を招き年4回ほど実施している地域学習の今年最初の講師となった中澤会長は「稚内の歴史と産業」をテーマに講演した。
 生徒39人を前に法被姿になった中澤さんは底引き船の歴史、市民ボランティア活動、東日本大震災被災地支援活動など話し、モールス通信の指導もした。
 底引き漁船船長を引退し、50代後半から独学でパソコンを覚え、今では資料なども作成できるようになったという中澤さんは「やる気というのは誰の中にも無限にある。花開く瞬間まで努力を積み重ねることが大切で皆さんも頑張りましょう」とエールを送った。