熊射殺

 10日午前11時ころ、サラキトマナイの国道40号から約4㌔離れた牧草地でヒグマ1頭が捕獲され射殺された。
 目撃情報から捜索を始めた3日目の10日、稚内市鳥獣被害対策実施隊員のハンター1人が巡回パトロール中、ヒグマ1頭を発見し射殺した。
 ヒグマは体長1・7㍍、体重約100㌔。3歳の雄だった。
 市(農政課)によると、市内でクマが捕獲されたのは約5年ぶりのこと。これまでクマの目撃情報は2件だが今後、更に多くなると見られ、山菜採りで山へ入る際は、クマ除けに役立つ鈴など持つことが必要だ。