市民の審判を終え当選した18人の市議会議員の会派が決まった。前任期中と同じ6会派だが、6人と最多の市民クラブ(中井淳之助代表)から副代表だった吉田孝史氏が新たに若い議員を引き連れ「自由クラブ」という名称の会派を創設したことが特筆されよう。
 以前の市民クラブは連合系と保守系議員が混在する、いってみれば歪ともいえる構成だったが、今回、吉田氏を代表とし比較的保守色が濃い議員4氏による新会派誕生は評価されよう。
 今回の枝分かれは連合宗谷の事務局長だった多賀清剛氏が立候補表明した時点で予想できたことであり、連合宗谷推薦の4氏(中井、藤谷、多賀、吉田大輔)による会派も正統といえよう。
 吉田孝史氏のことだから袂を分つということではなく自らがいみじくも言っていたように他の3人の若手議員(横澤、伊藤、千葉)が「議員活動しやすくなるよう」したことであり、新会派には期待したい。
 このあとは議長選任ということになるのだが、会派代表者の当選回数は6回が市民クラブの中井氏、自民・政友会の田森氏、5回が公明党の鈴木茂行氏、3回が自由クラブの吉田氏などで、話し合いで結着するのか、4年前のように投票による結着になるのか注目される。
 4人会派の自民・政友会、市民クラブ、自由クラブと3人会派の公明党がどう組んでどう対応するのか。権謀術数を完全否定するものではないが、ここは真摯に取り組み、歴代そうであったよう見識ある立派な議長を選出してほしいものだ。