早採り昆布

 7日から、はまなす地区などでコンブの早採りが始まった。
 声問地区の前浜では開始の午前6時から漁師数人が船に乗り海に出ては箱メガネでコンブを探し、専用の漁具ですくい上げていた。
 声問地区の漁民によると、この時期はタコなど他の漁に出ている人も多いため、早採りする人は少ないが「今年も昨年同様、太くて長く良いコンブです」と話していた。
 稚内漁協では宝来など前浜のコンブ漁が解禁される7月8日に先駆け、比較的繁茂状態が良くない同地区の早採りを数年前から行っている。