キャンプの季節

 稚内森林公園キャンプ場で、テントで寝泊りするライダーら旅人の姿が散見されるようになった。
 5月1日から利用可能となったキャンプ場は、GW後半の2日からテントで寝泊りする旅人やキャンピングカーで利用する人、公園内に咲くサクラを見に散策する人が増えている。
 バイクで道内各地を回り、森林公園でテント泊した20代の若者は「少し寒かったですが公園内は静かで快適に過ごせました」と話していた。
 今年のGWはサクラも早く咲き、いつもより市民の姿も見られたが、今後は更に暖かくなるとバーベキューで利用する人が増えてくる。その際には決められた場所で行い、火の後始末は徹底して下さい―と管理人。