労働者

 連合稚内の第86回稚内地区メーデーは1日、中央公園で開かれ、労働者150人が「団結」を連呼した。
 連合宗谷・稚内会長の村元実行委員長が「日本は国民が動き社会も変えたことのない稀有な国。これを打破していかなければならない。メーデーを機に互いの状況の交流を図りより一層団結していきたい」と挨拶した。
 工藤市長、磯部民主党稚内支部長の挨拶に続き連合推薦の市議4人が紹介されたあと、メーデー宣言やスローガンを確認し団結を誓い国道40号を大黒1までデモ行進した。
 その後、海員会館で交流会が開かれた。