サクラマス

 声問メグマの海岸などで今、サクラマスが釣れている。昨年同様、今シーズンも釣果はいいようだ。
 サクラ前線と共にオホーツク海を北上してくることから「海サクラ」と呼ばれるマス釣りは昨シーズンより1週間早い3月下旬から始まり、早朝や夕方の海浜は釣り人で賑わい、週末にもなると40人近い人が集まり投げ釣りを楽しんでいる。
 24日夕方は地元の釣り人に加え旭川から来たという数人が当たりを待っていた。
 釣具店によると、今年は暖かい日が続いていることもあって出だしは好調で、既に1人で16匹を釣り上げた人もいる。5月のGW期間中、過去には1日で20匹近く釣った人もおり、メグマ浜は釣り人にとって格好の場所になっている。