稚内漁協は20日午後、理事会を開き、はまなす地区先のコンブ早採りについて協議した結果、GW明けの5月7日から実施することを決めた。
 同漁協のコンブ漁は7月8日に解禁されるが、はまなす地区は数年前から組合員の要望もあり早採りしており、総体的なコンブ繁茂を予想する手掛かりを得るということでも先行採取している。
 この地先のコンブは繁茂量も多くなく実入りも芳しくない上、海中は濁っている日が多く、コンブ漁場として解禁の7月8日以降は漁師に敬遠される向きもあることもあって早採りすることで組合員の労力軽減にもなっているよう。
 早採りには声問地区組合員が従事するが、宝来、恵比須など前浜の漁師も出掛けているという。
 6月20日ころまでの予定。