足湯再開

 稚内公園のゲストハウス氷雪内にあるエコ足湯が始まり、散歩に来た市民らが足の疲れを癒している。
 昨秋、ミルクロード沿いに設置の風車から羽根1枚が落下したことを受け、足湯の電力も賄っている同じ型の公園の風車も稼働停止しているが、公園道路が例年より早く通行可能となり観光客らも訪れていることから、市(環境エネルギー課)では別の場所から電力を供給させ17日から再開した。
 40度ほどに設定された足湯は、血液の循環を良くさせ体の免疫がアップ、冷え性、足のむくみなどに効果があるとされ、散歩の稚内市民ばかりか観光客にも好評を博している。
 市では5月中に風車の稼働を再開させたいとしている。