カントリークラブop

 18日、ゴルファー待望の稚内カントリークラブがオープン。プレイヤーは半年ぶりに快打を飛ばしていた。
 昨年より1日早いオープン。午前中、1組4人のプレイヤーが訪れ時々小雨が降る中プレーを開始。コースに出て久しぶりの感触を懐かしみながら1打目を打った。
 今年初プレイした男性は「半年ぶりだが良いスコアになるよう楽しみます」と話していた。
 薄田支配人は「今年は若いプレイヤーが増えるよう土、日、祝日午後のプレー料金を値下げしました。沢山の人にゴルフを楽しんでもらいたい」と話していた。