市民の声

 市議選に立候補する鈴木利行氏(57)は富岡4の旧畠山電器に後援会事務所を開設。「市民目線で現場の声を行政に届けるパイプ役になれる議員を目指していきたい」と3期目に向け決意を述べた。
 多くの市民に事務所に気軽に立ち寄っていただければ―と事務所開きは行わなかったものの朝から支援者が集まり鈴木さんを激励していた。
 鈴木さんは、高齢化社会や子育てなどに触れ「市内の高齢化率も28%に達しているので行政だけではなく町内会も協力した体制作りが急がれている。現在進めている小学生の医療費無料化を中学生まで引き上げたい」などと話し、最後に人口減少についても「新卒者の8割が地元への就職を希望しているので若い世代への雇用対策を講じていきたい」と述べていた。