恩返し

 大谷高野球部(上田駿主将)は6日午後、緑、こまどり地区で清掃奉仕活動を行った。
 緑地区に校舎があった頃は、生徒会を中心に全校生徒で清掃のボランティア活動を実施していたが、昨年8月に富岡地区に移転後も野球部だけは緑地区の雨天練習場などで練習をしている。このため野球部では、日頃お世話になっている地域に恩返しできれば―と、除雪ボランティアと合わせて初めて取り組むことにした。
 上田主将ら2、3年生の部員22人は、緑、こまどり地区の沿道に落ちていた空き缶やペットボトル、吸い殻などのゴミを集めては環境美化に貢献していた。
 上田主将は「日頃から練習でお世話になっている地域の皆さんに少しでも恩返しができればと」と話しながら清掃作業に汗を流していた。