今年もかすかすのところで総定員(1~4年生240人)の半分以上を確保し国(文科省)の補助金を受けることが決まった稚内北星大学。有名校以外はどこの大学も学生集めに苦労しており、ましてや最北の稚内の大学となると更に厳しいものがある◆市としては大学をなんとか存続させようとしているが、今の学部では魅力に乏しく、医療過疎の現状を鑑みると矢張り看護・介護の福祉系学部が望まれるところだ◆存続するためだけの支援は意味なく社会に役立つ学部創設が待たれ、実現してほしいものだ。