稚内音楽文化協議会、道新、稚内市主催し本社など後援の第30回札響楽団定期演奏会は、5月16日午後4時半から文化センターで開かれる。
 稚内信金創立70周年記念事業として市民130人余りが参加しベートーヴェンの交響曲第9番「合唱つき」の合唱が発表される。
 指揮は札響稚内公演で3回目のタクトを振る山下一史氏。
 入場料は一般2500円、学生(小・中・高・大)1000円。信金本支店、白金堂、文化センターで販売する。
 詳しくは音文協事務局の稚内信金(23-5131)高津さんへ。