佐藤氏夫人稚内入り1d

 道知事選に立候補した佐藤のりゆき氏(65)の眞紀世夫人が29日夕方、稚内入りし西條稚内店前で演説し支持を訴えた。
 200人を前に「農業、漁業など皆んな頑張っているが、道内は一向に豊かにならない。これまで12年間の高橋道政は企画や行動力がなく前進していない」とし「一次産業を守ることが何よりも大切であり、製造、加工まで行い付加価値をつける企業を179ある市町村に1社作り雇用拡大と利益を生み出して人口減も止めたい」などと訴えた。
 原発についても「一度事故が起きると一次産業に大きな打撃を与える。未来の子供たちを守るためにも原発はいらない」と強い口調で訴え、最後に「これからの夫の命を道民のために使わせて頂きたい。北海道を豊かに変えたい」と夫の思いを代弁していた。