春実感

 稚内市民観光ボランティアガイド主催のスノーシュー体験が28日、宗谷丘陵コースで行われ、参加者は4㌔の山道を散策した。
 冬から春への季節の移り変わりを感じてもらおうと今シーズン最後の体験には市民10人余りが参加。午前中の気温は9度近くまで上がり麗かな天候の中、宗谷平和公園前をスタートした一行は、中澤和一会長から新芽が出てきているヤナギなどの樹木の説明を受けながら、丘陵から望む宗谷湾の景色や風車群などを見て2時間ほど歩いた。
 何度も体験に参加している60代男性は「もやがかかり、サハリンを見ることはできなかったが、春らしい天候で最高」と話していた。