国土交通省から全国各地にある標準地の1平方㍍当たりの土地価格(地価)が発表され、稚内市内は中央3アーケード街が3万5800円、住宅地で1万2000円前後という価格になった。取引きの目安となる1坪当たりではアーケード街が11万8000円ほど、住宅街は4万円ほどになる。それにしても人口が減り経済活動も活発でないのだから致し方ないにしても都市との開きは大きくなるばかりである。
 稚内辺りではこの通り土地が高くないものだから土地取得費は高額にならず仮に数千万円の予算があるとしたら土地の安い分、建物に回すことができ、予算があればあるほど豪華な家を建てることができる。
 しかし1坪数十万円もする土地では数千万円もの土地代がかかり建物含めると1億円近い費用がかかる。昔、筆者の同級生が東京都下に1億円の予算で家を建てたところ、階当たりの坪数が猫の額のように狭く4階とか5階にしたという話もあるほどだ。
 地価は国税庁が発表する路線価とともに土地売買の指標となるものであり、稚内のように過疎が進む地方都市でも当然、土地取引きがあるのだから必要なものであるのだが、大都市に比べ、これだけ安いと意義が保たれているのか-と疑問に思うところがある。
 その土地の安さを逆手に取った企業誘致だけでなく移住も積極的にPRしていくべきだろうし、「人口減だ」「商売上がったりだ」などと愚痴を言っても詮ないいことであり人口、それに見合う経済規模でマチづくりしていくのもこれからのある姿ではないのか。
 要するに身の丈に合ったマチづくりをしていこうということだ。
 その中で地価が安いのはハンデでも何でもなく捉え方によっては地域振興の起爆剤の一つになるやも知れない。
 だから地価下落によって塞ぎ込むのでなく、チャンスを与えられたというくらいに逆転の発想で臨めばいいのでは。