宗谷総合振興局は3月中旬のオホーツク海毛ガニ篭漁獲状況を集計。4漁協合計し247㌧(昨年同期対比62・9%増)6億4528万円(同2・6倍)と、昨年に比べ6割近く高い1㌔単価によって金額は大幅に伸びた。
 16日の初水揚げ後、コンスタントに操業できたことが漁獲数量の大幅な上伸につながり、浜値も全国的な在庫減もあって曾つてないほどの金額となった。
 漁協ごとの水揚げ。
 ▽宗谷(着業7隻)56・4㌧(昨年対比55・6%増)▽猿払村(8隻)63㌧(同78・7%増)▽頓別(9隻)68㌧(同71・3%増)▽枝幸(18隻)59㌧(同47・2%増)。