26日、道知事選が告示され、大方の予想通り高橋はるみ氏(61)=無所属=と佐藤のりゆき氏(65)=無所属=が立候補届けを済ませた。
 4期目という道知事選史上、前人未到の連続当選を目指す現職の高橋候補にとって当選した場合の道は平坦ではなく、札幌や北海道新幹線が開通する道南地方以外の道北道東の地域振興が喫緊ともいえる課題であり、泊原発再稼働も予断を許さず毅然とした対応が求められている。
 佐藤候補にとって盤石の強さを持つ現職を負かすのは容易ではないが、3期12年間の高橋道政の綻びを突くことはでき、それは原発再稼働問題などあろう。
 ここまで「絶対反対」と声を大にして言ってきてるが、言うは易し行うは難しで、工場でも一般家庭でも電気代が安いのに越したことはなく、経済活性ということでもベースロード電源を原発による電力以外に求めるのは簡単なことではない。
 投票日は、4月3日告示の道議選と同じ12日。4年前のような高橋候補の大勝はなさそうな気配ではある。

高橋はるみ氏

高橋はるみ氏


高橋候補は1日稚内入り
 高橋候補は、4月1日午後2時25分から西條稚内店前で遊説を行う。

佐藤のりゆき氏

佐藤のりゆき氏


佐藤陣営は夫人が稚内入り
 稚内には佐藤候補は選挙運動期間中訪れないが眞紀世夫人が29日入り、午後5時半から西條百貨店前で街頭演説する。

選挙人名簿登録
 道選管宗谷支所は25日現在の宗谷管内の選挙人名簿登録者数を公表。
 稚内市3万729人(男1万4969)、9町村合計2万6474人(男1万2879)の5万7203人(男2万7848人)。
 4年前の前回知事選登録者に比べ稚内市1723人、9町村合計し1612人減っている。