名古屋旅まつり

 14、15の両日、名古屋で開催された国内外の観光地が魅力を発信する第27回旅まつり名古屋2015に参加した市(観光交流課)は、稚内観光の魅力をPRしてきた。
 日本観光振興協会(東京)、名古屋鉄道などが主催し春から夏にかけての観光旅行のPRにと、毎年3月に開催しているもので国内外の観光地から157団体が参加した。
 稚内は利尻、礼文両町と合同でブースを設け、2日間で1500人余りが訪れた中、稚内に関するアンケートや観光クイズを実施し、稚内ブランド詰め合わせをプレゼントする催しなど行った。
 市の担当者は「イベントの名の通り、旅行に興味がある来場者が多い印象で、FDAを利用して稚内に来たことがある人も何人かいた。手応えを感じました」と話していた。