大谷高サッカー部(中野貴博主将)は、31日~4月6日まで沖縄県石垣市で春季キャンプを実施する。
 同部では雪のない土の上での練習地として昨年野球部が遠征した石垣市での合宿を決めた。初の道外遠征には部員20人が参加する。
 31日に新千歳から那覇経由で石垣市入りしたあと、4月1日~3日まで石垣市中央運動公園陸上競技場で体力トレーニングや基礎練習に取り組み、4、5日は八重山高校など3校と練習試合をし、夜には地元高校生と交流し6日帰市する。
 小西優樹監督は「初めての道外遠征なので選手同士の更なる連携やチームのレベルアップに向けて取り組んでいきたい」など語っていた。
 野球部(上田駿主将ら部員22人)も昨年に続き27日~4月3日まで石垣市で春季キャンプをし、練習に加え地元3校との練習試合などを行う。
 本間敬三監督は「選手たちは冬期間、ウエイトトレーニングを中心に練習に励んできた。合宿において、その力を発揮するのが楽しみ」などと話していた。