絶大なる

 武部衆議、吉田、三好両道議を囲む新春の集いが14日午後、ANAクラウンプラザホテル稚内で開かれた。
 700人の支援者を前に、高橋はるみ知事の後援会「北海道を愛するみんなの会宗谷支部」の拡大役員会で会長に就任することが決まったことを報告した中田伸也武部新宗谷管内連合後援会会長は「絶大なるご支援を頂き吉田・三好両道議には次のステップへの階段を登って頂きたい。高橋知事には立派な成績で4期目の当選を果たすためにも皆さんご支援お願いします」などと挨拶したあと、三好道議が「宗谷は魅力ある地域なのでこの魅力を発掘することが地方創生につながる。武部衆議を先頭に吉田道議と共に取り組んでいきたい」などと述べ、吉田道議は「今年は統一地方選挙で私自身と三好道議が審判を受ける年であるので、支援していただける皆さんと戦って安定した宗谷と稚内を築くことが地域の発展につながる」などと述べた。
 最後に武部衆議が地方創生について触れ「地方創生を進めるためにも地域の皆さんと話し合い街の実状を分かって進めていかないと地域創生にならない」などと話し、「誇りを大きく花を咲かせ宗谷の発展のためにも先頭に立って頑張りたい」と普段の政治活動から思いの丈を披瀝していた。