交通安全母の会の「愛の鈴」寄贈が28年目にもなった。新1年生のランドセルに付けられる鈴は交通安全だけでなく、物騒な今の世にあって子供たちを守る守り神となろう。それにしても長い年月に亘る善行だ◆何でも長くやっていると嫌になる時もあろうが、新1年生を輪禍から守りたいとする一念が彼女たちを鈴作りに向かわせるのか。誰が付けたのか「愛の鈴」とは素晴らしいネーミングである◆一方、この慈愛に満ちあふれた行いを受けた子供たちは感謝の心を育み立派な人間に成長する縁とする◆人生は輪廻であり、いずれ彼・彼女が贈る側になるのだろうか。