市(観光交流課)は14、15の両日、名古屋市で開かれる第27回旅まつり名古屋2015に参加し稚内の観光と食をPRする。
 日本観光振興協会、名古屋鉄道などで構成の実行委員会が主催し開催の旅まつりは、日本国内だけでなく海外の観光情報ご当地グルメの提供、郷土芸能、特産品などを一堂に集め旅の楽しさを広く一般に発信するイベントで、2日間で29万人の来場が見込まれている。
 国内外の観光地から約160団体が出展する中、稚内は利尻、礼文両町と合同でブースを設け、稚内の自然や観光名所、食など紹介のDVD放映、稚内ブランドなどパンフレットを配布し観光PRを展開する。
 市の担当職員は「この催しは毎年3月に開催し春から夏にかけての旅行をPRするもので、稚内の魅力を伝え集客につなげていきたい」と話していた。