今春限りで閉校する西中在校生4人が新たに通う学校が決まった。
 4人は2学期から稚中潮見が丘中で勉強や部活を通じて新たな道を模索し、保護者と話し合いを重ねるなど自分の進路に向き合ってきた結果、潮見が丘中に2年生2人、稚中に1年生1人ほか、1年生1人は名寄に転校することなった。
 網谷校長は「どこへ行っても強い心を持って過ごせるような生徒たちです。新たな環境に戸惑うこともあるかと思いますが、多人数での人間関係を学び次のステップへと成長してほしい」と話していた。