ウロンナイ滝

 ノシャップから抜海に向かう途中にあるウロンナイ沢の滝が融雪時期になり山からの雪融け水によって勢いを増して来ている。
 西浜地区にあるウロンナイ沢の滝はこの時期、山の雪が融け落差5㍍ほどの滝に流れ落ちる。夏場は草木が生い茂ることから滝全体を見ることはできないが、春先には道路からの見通しが良くなり沢の光景を見ることが出来るようになり、この時期、稚内有数の景勝地になる。
 1週間ほど前まで雪や氷の塊に覆われていた沢の滝だが、最高気温が7度まで上がった9日以降雪融けが進み全貌を現し、流れ落ちる雪融け水はピーク時に比べ未だ少ないが、これから先暖かくなってくるにつれ水量が増し、春の訪れを告げるかのように豪快な音を辺りに轟かせている。