ソーランで慰問

 南中1、2年生が9日、養護老人ホーム富士見園を慰問し、デイサービスの利用者ら60人余りに南中ソーランを披露した。
 同校の郷土芸能委員会が中心となり、これまで慰問したことがない福祉施設を訪れることになり今回初めて富士見園を慰問した。
 2年生の蛯子永愛委員長が「南中ソーランを見て元気になって下さい」と挨拶したあと、生徒26人は2グループに分かれて2回、最後は全員で力強く迫力ある南中ソーランを披露した。利用のお年寄りは拍手しながら「ありがとう。また来て下さいね」と生徒たちに感謝していた。