稚内ブランド推進協議会の第4弾目の稚内ブランド認定品が決まった。
 地元の加工品などをブランド品として認定することで、広く国内外にPRし販路拡大を図ろうという稚内ブランド認定品は平成24年の1弾目に認定を受けた品が4月末で有効期限を迎えるため、改めて認定の対象となり新規品含め審査した結果、原材料で新規2品と再認定5品、加工品は新規2品と再認定13品が決まった。
 〈原材料>▽新規 稚内のほっけ(稚内機船漁協)宗谷のもずく(宗谷漁協)▽再認定 稚内銀杏草(稚内漁協)宗谷のほたて(宗谷漁協)宗谷のたこ(同)宗谷黒牛(宗谷岬牧場)勇知いも(わっかない勇知いも研究会)。
 〈加工品>▽新規 わっかない黒牛シチュー(そうべい)稚内産ベビーリーフ(ルァラル・コア)▽再認定 宗谷の塩(田上食品工業)棒たら(丸北北海組)元祖たこしゃぶ(吉川水産)おおなご魚醤(カタクラフーズ)稚内ほたてシューマイ(ホクメンフーズ)大女子利尻昆布甘酢〆(石崎食品販売)稚内牛乳(稚内農協)稚内牛乳アイスクリーム(同)ポンたら(大東食品)ほっけ燻製スティック(同)一夜干姫ほっけ(中央水産)まるごと食べられる真ほっけ甘みそ漬け(同)北の黒牛ハンバーグ(そうべい)。
 認定授与式は26日午前11時から経済センターで開かれる。