暖冬

 宝来地区の60代の男性宅で育てていたエゾヤマザクラに淡いピンクの花が咲いた。
 自宅の庭に50年以上前からあるサクラの木が大きくなったことから邪魔になった枝を切り、数本だけ家の中の日当たりの良い場所に置いていたところ、1週間ほど前から数輪ずつ花を咲かせ始めた。
 部屋の暖かさと窓際のため春の陽射しにより花を咲かせたようで、この数日は散る花が多く玄関に置いているが、サクラを見た近所の人は冬にサクラが見れるなんて―と驚いているという。
 男性は「あと数日は花が持ちそうなので、もう少し花見を楽しみます」と話していた。