LED

 稚内信金、てっぺん塾、稚内商工会議所、稚内中小企業相談所による中小企業経営者を対象にした国の支援施策の説明と、上手な活用法をテーマにしたセミナーは、26日夕刻、信金本店で開かれ、道経済産業局職員の説明に60人余りの経営者が聞き入った。
 主催者を代表し杉川てっぺん塾長が「企業としてどう生き残っていくか、世の中が複雑になるにつれ難しくなっているが、今セミナーで競争力をつけるための方策など得て頂きたい」との開会挨拶のあと、国の支援施策、補助金、省エネ設備導入支援制度の説明が2時間近くに亘ってあった。
 「補助金の申請でも書き方によって合否が決まる」「客観性を持たせた方が良い」など、申請を受ける側の経産局から示され、制度を熟知しないと自分の会社として対応できない面はあるものの、例えば照明のLED化にも国の補助があることから真剣に検討してみたいとセミナー後に感想を述べる経営者もいた。