候補予定者説明会

 市選管は25日、市正庁で道議会議員選挙稚内市区の立候補予定者に対する説明会を開いた。
 説明会には4期目を目指し1月に後援会事務所を立ち上げた自民党現職の吉田正人氏後援会の藤田隆明幹事長ら3人が出席。立候補予定者を決めていない民主党からも道12区総支部稚内支部の磯部拓也代表ら2人が出席した。
 磯部代表は本紙の取材に対し「ギリギリまで(立候補者を)検討したい。説明だけは受けておかないと」と話していた。
 吉田選管事務局長が「今回の選挙は市民の方々にとって身近な選挙に当たります。公正、健全な選挙のため全力で取り組んでいきたい」などと挨拶したあと、担当者から立候補届出注意事項、選挙運動用自動車、選挙運動に関する公費負担などについて説明された。
 道議選は4月3日告示、12日投票。
 26日午前10時からは市長・市議選の立候補予定者に対する説明会がある。

稚内署には取締本部

選挙取締本部

 道警は25日、本部と各警察署に統一地方選挙事前運動取締本部を設置した。
 4月12日投票の知事選、道議選などの立候補予定者が既に後援会事務所を開設するなど、事実上の選挙戦に入っていることを受け、取締りを徹底するため設置したもので、稚内署では午前10時に藤田署長、南條副署長が「旭川方面稚内警察署統一地方選挙事前運動取締本部」と書かれた標札を掲出し、告示前運動を含めた選挙期間中の取り締まりに入った。
 藤田署長は「厳正・公平な選挙が行われるためにも事前運動を含め取り締まっていきたい」と話していた。
 市長、市議選の告示は4月19日、投票は26日。