稚内珪藻土

 宗谷総合振興局主催の第2回輝け!宗谷の食セミナーが23日、宗谷合同庁舎で関係者30人余りが参会し開かれた。
 宗谷の農水産物を活用し生産から加工、販売までの6次産業化の取り組みを更に促進させようというセミナーには観光、農業、建設業などの関係者が参加。長谷川産業振興部長が「食と観光が一体となった戦略的かつ積極的な取り組みを進めていきたい」などと挨拶したあと、江別市米村牧場の木村常光さん=写真=が野菜などハウス栽培での良質な土作りについて触れ、ミネラル豊富な稚内珪藻土を堆肥に混ぜることで無農薬でも良質な土ができる―などと話した。
 札幌のフードライターの小西由稀さんが「食の賢い伝え方」と題し講演し商品を売る戦略として産地の情報や作り手の背景、素材・商品の特徴が伝わりやすい販売方法が大切―などと話した。