世界の

 スノーボードのトッププロライダーとして活躍するエーロ・エッタラ、ヘイキ・ソーサ両選手(ともにフィンランド)が22日夜、こまどりスキー場を訪れ市民と交流した。
 エーロ選手は昨年まで札幌で開催されていたTOYOTA BIG AIRで2度優勝するなど有名な選手の1人。ヘイキ選手はソルトレークシティー五輪の代表選手として出場するなど活躍している。
 両選手は今年10月に飲料メーカー主催のイベントで上映されるエーロ選手のドキュメントプロモーション撮影で19~22日まで利尻を訪れており、その際、最北端のスキー場があることを知ったエーロ選手の希望もあり同行していたヘイキ選手、スタッフ数人と一緒に来市した。
 スキー場内にトップライダー2人の姿が見えると市民らは大喜びし、憧れの選手を前にサインを求め記念撮影していた。