求職

 道主催中小企業を対象にした人材確保・職場定着セミナーが19日午後経済センターで開かれ、市内などの11企業から15人が参加した。
 道の新規高卒者等地域産業職場定着促進事業の一環として、人材採用などに関する業務を行うジョブマーケティング北海道(札幌)の太田和雄代表が採用、職場定着について講話した。
 ①現状の環境を知る②採用と定着の成功ポイントの2部構成で講話した中、世代間の価値観が違っており、それぞれの年代が歩んできた時代の流れなどを理解し、得意分野を把握することが大切―などと話した。
 採用の成功、職場定着については求人情報を簡素なものでなく、より具体的な仕事内容など正しく伝えることで企業と求職者のギャップが小さくなり、結果として長く就労するケースが多くなる―と、アドバイスしていた。
 続いて募集方法を変えて成功した企業の事例など紹介していた。