憩い

 温泉童夢の浴場改修工事が急ピッチで行われている。
 平成9年6月のオープン以降、浴場内の部分改修を行ってきたが、床などのタイルが劣化しヒビ割れなどしていることから、安全上問題があるとして昨年から大浴槽と洗い場のタイル張替え工事を行っている。
 今年は2月9日~3月8日までの工期で総事業費2274万5000円で平成建商、戸松設備工業、桜井冷熱機械が工事を請け負い、浴槽内のタイル張替えほか、温度調整を行う中央監視制御盤と浴場循環ポンプの入れ替え工事を行っており、作業員らは古いタイルを剥いでは新しいタイルに張替えしたりしている。
 童夢の瀧澤修一支配人は「1カ月に亘って休業しご迷惑をお掛けしますが、皆さんにより良くご利用して頂く工事ですので、営業再開した際は職員一同お待ちしています」と話していた。
 営業再開は3月9日午前9時45分から。