SE-NO

 ピアノパフォーマーのhajimeさんとエビナイベントホール主催のコンサート「音と声の点描画」は15日夜、同ホールで開かれた。
 稚内出身の兄弟ユニットSE-NO、北門神社の山本宮司は、矢吹尚也氏の写真が展示されたステージで演奏した。
 hajimeさんの一種独特なピアノ即興に続き、山本宮司の龍笛との演奏など異色の組み合わせには万雷の拍手が起き、SE-NOの歌をアレンジした曲も披露され聴衆100人も一体となり音楽に酔いしれていた。