手をつなぐ

 宗谷管内特別支援教育研究協議会主催の第52回管内手をつなぐ子らの作品展は8日、体育センターで開かれ、延べ1000人の市民で賑わった。
 管内26小中学校の児童生徒と保護者ら100人余りが参加した中、長末会長(東中校長)は「多くの地域の人が集まったので、頑張りの成果である作品の販売など通じて沢山のことを学んでほしい」と挨拶したあと、各学校を代表した児童生徒らがテープカットした。
 一般公開では子供たちが苦労して作った雑貨、木工品などが学校ごとにずらりと並び、1品々々心のこもった作品の数々を買い求める人でごった返していた。