オープニングのモチ撒き

オープニングのモチ撒き

子供たちに人気のソリ体験

子供たちに人気のソリ体験

 冬の一大イベント2015わっかない氷雪の広場が7日、北防波堤ドームで開幕し、天候に恵まれたこともあり、午前中から多くの市民で賑わった。
 2日間の日程で開催される氷雪の広場は午前10時から始まり、雲一つない青空が広がる絶好の天候の中、オープニングセレモニーで達副市長、実行委員長の今村稚商副会頭が「2日間に亘って様々なイベントが催されるので寒さに負けず楽しんで下さい」などと挨拶したあとモチ撒きがあり、1500個のモチが撒かれると訪れた市民は両手いっぱいにモチを集めていた。
 ステージでは市内の幼児たちによる演舞発表のほか、烈車戦隊トッキュウジャーのキャラクターショーが行われ、憧れのヒーローが登場すると子供たちから歓声が上がっていた。
 会場内には高さ10㍍、全長50㍍のチュービングや高さ2・5㍍四方の巨大迷路、巨大かまくらほか、今年は新たに初日のみ幌延町のトナカイ牧場によるトナカイのソリ体験は親子連れに人気を集めていた。
 午後1時からは果物やアイスなどの早食い大会、午後6時からはプレミアムキタコンやスノーバーベキューの催し、午後8時にはてっぺんミニ花火大会もある。
 8日は雪合戦(一般)や最北スノーフラッグ大会、子供宝さがし大会が開かれる。