稚内地方気象台が6日午前11時過ぎ発表した宗谷地方海氷予報によると、流氷は宗谷岬から浜頓別海岸20~30㌔㍍以内にある。オ海の流氷は北上し、サハリンからの流氷群は徐々に宗谷海峡に近付いているようだが、今後1週間は北または西寄りの風の吹く日が多いため肉眼で見えるのはまだ先のようだ。
 稚内の平年の流氷初日は2月13日、昨冬は2月21日に観測された。