雪煙

 氷上でのスタッドレスタイヤの性能を確かめる体験走行会が31日、大沼で開かれた。
 市内のモータースポーツ愛好団体・宗谷オートスポーツアクションなどが主催。市民50人が参加し1・2㌔のコースを走行し氷上での滑り具合を体験した。
 雪煙を上げ氷上走行したプロドライバーの鎌田卓麻さん(旭川)は「8年ほど毎年参加しています。氷上を走行する機会が少ないので毎年楽しみにしています」と話していた。
 1日午前8時半からは道内外のプロ、アマチュアドライバー90人余りが参加してコースを走破するまでの時間を計るタイムアタック大会が開かれる。