日ロ定期航路問題、予想していた通り議会ででの市側の説明ではこれといった進展ないようだ。「航路にどんな重要性があるか」等々、今さら言及することでもなく、そんな答弁をすること自体、何も進んでいないということの証しであろう◆運航会社の撤退方針は利礼航路の低迷もあって恐らく変わらないだろう。であれば未練たらしく翻意を促しても無駄であり次の手立てを考えなければならないのに手を拱いているのはおかしい◆真剣にやっているのと問いたくなる◆小社の記者に常日頃うるさいほど言っていることがある。「ポイントを外すな」と。