ドームの氷柱

 前日の暖気から一転し冷え込んだ28日午前、北防波堤ドームで天井部分に出来た氷柱を除く作業を、市(港湾課)職員が行っていた。
 ドームには冬季でも観光客が来ており、雪のないこともあり400㍍ほどあるドーム内をウォーキングする市民も少なくない。
 これらの人たちに氷柱が落ちケガでもしたら―と、市は毎日、見回りし有無など調べ、除去するなどしている。
 奥には未だに海保のゴミ置き場が片付けられないであった。