稚内署は26日夜、市内在住の50代女性が現金16万8000円を騙し取られる特殊詐欺に遭った―と発表した。
 今月上旬に自分の携帯電話にメール送信された訴訟請求の内容を見た女性が、メールに記載された電話番号に問い合わせたところ、債権回収会社社員を名乗る男から「IT企画の会社からネット登録の未払い分の回収を依頼されており、ネット登録未払い分費用の16万8000円を支払ってください」などと言われ、指定された東京都内にゆうパックで送った。
 郵送した数日後、更に高額を請求されたことから知人に打ち明け同署に相談して発覚した。
 稚内署管内では昨年、3件で約440万円が騙し取られる融資保証金などを装った詐欺事案も発生している。同署では現金は現金書留以外での送金ができずレターパック、ゆうパックなどの宅配で現金を送ってほしい―と言われた時は詐欺なので十分注意し、不審なメールや電話が来た場合は相談してください―と呼びかけている。