ゴミ

 稚内の観光名所・北防波堤ドーム内に、稚内海保の資機材やゴミの置き場があることでドームの見栄えが悪い―と、本紙「読者コーナー」の寄稿を端緒に批判が相次いでいる。
 北洋埠頭から北埠頭への巡視船の船着き場移転に伴い、平成20年8月から稚内海保が市から有料で許可を受け、設置してあるゴミ置き場は、宗谷海峡の警備業務に当たる巡視船から出るゴミを一時保管するもので、冬場は除雪道具なども置いている。
 ゴミ置き場があることで、ドーム内で犬の散歩をしている人が周辺にゴミを捨てたり、1週間ほど前には不審物騒ぎがあったりしたが、「ドームは観光資源であり、1年を通し多くの観光客が立ち寄る。海保のゴミ置き場などがあることで景観が悪くなる」などとの声があることに対し、稚内海保の三浦次長は「そういう声を受け、今、設置場所の移設を含め検討している」と答えていた。