墨痕鮮やか

 宗谷教育書道連盟主催の第58回宗谷管内児童生徒書き初め書道展が18日まで文化センターで開かれている。
 管内の小中高生から寄せられた844点の作品から審査で選ばれた特別賞49、特選49、準特選148の246点が展示されている。小学校低学年は子供らしく大きく墨痕鮮やかに、高学年以上になると大人顔負けの作品も多数あり、訪れた市民は見入っていた。
 昨年4月から書道を習い始め今回市長賞に輝いた宅間逸生君(7つ)は「何回も練習を重ねて出展した作品が賞を取れて嬉しい」と笑顔で話し、お母さんの優子さんも「誰かに評価してもらうことで本人の成長にもつながり、成果が出て嬉しい」と話し、作品の前で記念撮影していた。