15けあらし

15港内結氷

 海面から霧が湯気のように立ち上がる「けあらし」現象が15日朝、声問の海岸線で見られた。
 けあらしは、気温が氷点下10度近くまで下がった上、晴れて穏やかな天候になるなど条件が揃わないと見ることができない現象で、15日朝は放射冷却現象が強まり、声問で午前5時半過ぎ氷点下11度まで下がった。この冷気が海に流れ込んで午前10時過ぎまで〝けあらし〟が見られた。
 放射冷却の影響で、開運は午前6時過ぎ氷点下4・5度まで下がり、この冷え込みにより第2副港の一部がうっすらと結氷した。