水族館大水槽清掃

 ノシャップ寒流水族館で2月1日の冬季開館に向けた整備が行われている。
 休館した12月から館内整備は行っており、14日には1周45㍍の海水90㌧が入る回遊水槽の清掃に入り、水槽の海水を抜き底にある砂利に埋まったゴミを取り除いたあと、職員総出でガラス、壁面をスポンジで磨き1年間の汚れを落とした。
 このあと海水が入れられるなど、オープンに向けての準備は着々と進んでいる。