JC新年交礼会

 稚内青年会議所、シニアクラブ合同の新年交礼会は、11日夜、サンホテルに遠来の会員、来賓含め110人余りが参会し開かれ、人口減少など閉塞感漂う中での若い力による稚内の再活性を参会の誰しも思いながら交流した。
 秋元哲哉新理事長は稚内JCの今年1年間のスローガンである「百万一心」を今年の運動方針とする中、創立60周年という節目の年を迎え「人材育成など、これまで以上に力を傾注し、先輩(シニア会員)、市民、仲間の支えのもと感謝の歴史を育み未来に向け躍進していきたい」と力強く挨拶。続いて新しくシニア会長に選任された吉田正人氏もJC会員の役割と期待の大きさを願う挨拶をした。
 このあと来賓を代表し工藤市長が祝辞を述べ小野寺振興局長の音頭で乾杯し祝宴に入り、最後は伊藤正志直前理事長の一発締めで終えた。