15成人

 稚内市主催の成人式は11日午後、文化センターで開かれ、着物や袴などに身にまとった新成人274人(男119)の門出を祝った。
 稚内海峡太鼓保存会と南中ソーラン連によるオープニングセレモニーのあと、工藤市長が「故郷に誇りを持ち、若い力と行動力で積極的に参加して新しい時代の稚内を共に築いて頂きたい」などと式辞。続いて井上教育委員長が「稚内を愛する心を忘れず自らの目標に向かって歩んでほしい」と祝辞を述べた。
 新成人を代表して武田大貴さんが成人の誓いを述べたあと、最後に萬尾拓巨さんが「感謝する側からされる側を目指し責任を持った行動をし、誰からも信頼される人間としてお世話になった人たちに恩返しをしていきたい」などと感謝の言葉を述べた。
 式典終了後には、小中高時代の恩師からのビデオメッセージも上映され級友との久々の再会に話しも弾み一緒に記念写真を撮るなど、互いに成人を祝福しあった。